「誰もが遊びのように仕事に熱中できる仕組み作り」

ー 本日は宜しくお願い致します。

はい、こちらこそ宜しくお願い致します。

ー お仕事クエストの設立経緯について教えてください。

大学1年生の時の起業を経て、2回目の起業となります。
最初に起業した時と今では、SNSの普及度合、AIやVRなどの技術進歩、システム構築の容易さなど世の中が大きく変化しており、今の流行りや技術をフルに活用して、改めてスタートアップらしい戦い方を仲間達としていきたいと考え、2018年に起業をしました。

ー なによりも社名が気になったのですが、由来はなんでしょうか?

お仕事クエストという名称は、仕事を遊びのように楽しんで夢中になって取り組んで貰えるように、仕事におけるあらゆる物の可視化が出来たら面白いだろうな。という発想をベースに、某有名ゲームのタイトルからヒントを得て社名を思いつきました。

ー 某ゲームのようにタイトルやサービス名ではなく、社名にしたんですね。それは、なにか意図があってですか?

サービス名ではなく、あえて会社名としたのは、参画するメンバーがお仕事クエストという作品の中で、自分の物語(目標)を設定してクリア目指して邁進してほしいという想いもありました。
そんな想いから作った会社のため、お仕事クエストを一緒にプレイするメンバーにはパラレルワーカーも多く、本業では出来ないことをココで経験して本業に活かす方も多いです。
YouTube事業も、その一つですね。メンバーの物語を事業化しました。

ー 珍しいですね、メンバーの目標を後押しする仕組みがあるんですね。
珍しいという意味ではビジョンの「仕事を”本気の遊び”に。」というのも非常に珍しい表現ですが、こちらにはどんな想いがありますか?

IT技術の発展により画期的なサービスや製品が日々誕生し、私たちの生活は以前に比べて飛躍的に快適なものになりました。
一方、企業側としては競合企業の存在が多く、商品のライフサイクルも短くすぐに陳腐化してしまう。各社が掲げる目標も年々高くなり、新たなサービスや製品が生み出しづらくなってきている厳しい環境と言えます。
また、働く個人の目線で見てみると、チャットやオンライン会議など便利なコミュニケーションツールが増える一方、淡白な文面でのコミュニケーションが増え、移動時間がなくなった分、オンライン会議が増え休む暇もない。
SNSでは、世界中の情報にアクセスすることができ、自分を他者と比較してみたり、将来を考え知識や技術力に不安を感じたり、気になりだすと仕事も手につかないことも多いと思います。

ー そうですね、煌びやかな世界を知ってしまうと、どうしても比較しちゃいますよね。

そうなんです。特に、仕事に対するモチベーション維持は年々難しくなっており、福利厚生以外の要素で
社員のモチベーションを上げ、生産性や想像力を高められるかが、今後の企業成長の鍵だと思っています。
そこで、考えたのが、仕事に楽しみ、やりがいを見出し、誰もが遊びのように仕事に熱中できる仕組みを提供し、自分の生き方に自信をもって取り組める社会を作りたい。ということでした。

ー 今後、お仕事クエストをどのように進めて行きたいですか?

正直な所、起業した時点では「これだ!」と思えるビジネスアイデアを生み出す事ができていませんでしたが、やっと”お仕事クエスト”の名を表すようなアイデアと巡り会えたため、現在そのサービスを作り込んでいます。
このサービスを通じて、世の中に新たなお仕事改革を巻き起こしていきたいと考えています。
新型コロナウイルスが広まっている状況下において、あえて良い点を上げるとすれば、働き方改革を一気に進められるチャンスであるということだと思います。2020年は新しい働き方の準備の年で、2021年はこれまで以上に各社の成長性に差が生まれる勝負の年だと考えています。
そこに合わせて、当社も各社の働き方改革を進め、成長の手助けをできるようにサービスを打ち出していきたいと思っています。

― メンバーに求めるものはなんですか?

本業で違う会社に務めながらのビジネスパーソン、個人事業主として仕事をしているクリエイター、既にサービス作りを行っている起業家、ビジネスアイデアを実現したい学生、自分にあった仕事を見つけたい学生・・・どんな想いの人であっても、子どもの頃、熱中して気づいたら夜になっていたという経験と同じように、ワクワクを忘れず、物事に積極的に取り組み時間を忘れて夢中になってしまうような方と一緒に働きたいです。
決して、長時間労働を強要している訳ではありませんし、アイデア出しの合宿では、朝から晩まで頭をフル回転させる日もあれば、息抜きとして楽しんでもらえるようにも企画しています。

― 最後に、なにかメッセージはありますか?
お仕事クエストは、個の成長が会社の成長と考えています。是非、お仕事クエストで一緒にレベルアップしながら、仕事に夢中になれる社会の実現を目指しましょう!

「人の魅力を引き出す動画を撮りたい」
クリエイター藤井洋平の想いとは

お仕事クエスト株式会社で動画や写真の撮影を担当するクリエイター藤井さんに、仕事への想いやお仕事クエストの魅力について語っていただきました。

写真から動画へ幅を広げる決断

ー お仕事クエストでの仕事内容を教えてください。

お仕事クエストでカメラマンとして、動画や写真の撮影全般を担当しています。
動画は撮影以外に現場ディレクションも一部担当しています。

基本的にお仕事クエストの動画と写真はすべて担当しており、大手出版社の案件や、某有名芸能人の撮影なども担当してきました。また、法人への営業も一部担当しています。

ー これまでも動画の仕事をしていたのですか?

実はずっと写真を撮るカメラマンとして活動してきました。
出版社の系列の写真スタジオやフリーのカメラマンを経て、2019年ごろから動画の撮影も行なうようになり、今に至ります。

ー お仕事クエストにジョインしたきっかけを教えてください。

現在映像事業部長の「ラピス氏(活動名)」と同業者が集まる飲み会で知り合い、それから何度か写真の仕事をもらって一緒に動くようになっていたんです。
そんなときにラピス氏から、動画の撮影もやってほしいと依頼されました。
ちょうどその頃、周りのカメラマンも徐々に動画をやるようになっていたのですが、私はなかなか動き出すきっかけがないという時でした。

そこでラピス氏の言葉で動画もやってみようと決め、そこから動画の案件も担当するようになったんです。それが2019年の春頃ですね。
その後、高井が創業したお仕事クエストとラピス氏や私たちのチームとが一緒になって映像事業を行なうことになり、今に至ります。

動画は「時代の流れ」

ー 動画も扱ってみようと思った理由は何だったのでしょう?

やはり時代の流れですね。動画をやらないと仕事の幅が広がっていかないと感じていました。
あとはラピス氏の存在が大きかったです。動けなかった私のお尻を叩いてくれましたし、案件を取ってきてくれて、やるしかない状況を作ってくれました。

ー 動画を撮ってみてどうですか?
写真とは違う難しさがあると感じます。
例えば写真は明るさや色味の調整で撮った後に変えられる部分も大きいですが、動画は前後のつながりを気にしなくてはいけなかったり、画面に映り込むものが多く気にすべきことが増えたり、音も気にしたりしなくてはいけません。

なのである意味「融通が利かない」のが動画なのですが、今は動画が楽しくなってきています。

人の魅力を引き出す動画を撮りたい

ー 動画の撮影で印象的だった仕事はありますか?

お名前は出せないのですが、有名なタレントさんの撮影で「あれ良かったですね!」と本人に言っていただいたことが何度かあり、そのときはとても嬉しかったです。
タレントさんはやはり撮られ慣れている人たちなので、そういう人に喜んでいただけるのは特に嬉しいです。

ー 良い撮影になった要因は何だったのでしょうか。

「モデルの魅力を引き出す」ということを意識し、そのための準備や企画、当日のコミュニケーションなどをしたからかなと思っています。
最近はYouTube用の撮影も多いのですが、YouTubeだと特に「モデルの魅力」を引き出すためにすべてを考える必要があります。
企画ありきで人を入れ込むのではなく、その人ありきで企画を考えていくイメージです。

これは今考えると写真の撮影時代から意識していたことでした。
写真の撮影のときも、モデルの良さを際立たせたりとか、逆に本人も気づいていない一面を引き出したりとか、その人の魅力を映し出せるようにということを考えていました。
それが動画でも役立っているのかもしれません。

「こういう動画撮らせたらおしクエだよね」って言われたい

ー 他にもこだわりはありますか?

できる限り「綺麗な画」を撮りたいと思っています。
「綺麗な画」というのはどういうものかというと、やはりさっき言ったように「モデルの魅力」が最大限引き出されているような画だと思います。
最初に打合せなどで私たちの頭の中に理想イメージを描き、できる限りその理想に動画や写真を近づけていく感じです。
もちろんそのためには、機材も可能な限り良いものを使うということも必要ですし、照明の当て方などさまざまなことに気を配って進めていく必要があります。

ー 今後の目標があれば教えてください。

やはり先ほどと重なりますが、人の魅力を引き出す撮影をやっていきたいです。
そういう現場ってきっと楽しいはずなんです。
打合せの段階からモデル側にも期待感を持って来てもらえて、そして撮影ではモデルもスタッフも楽しんでいて一体感があるような、そんな現場をつくれたら、きっと良いものができ上がると思うんです。
「こういう動画撮らせたらおしクエだよね」って言われるようになりたいですね。

ー お仕事クエストの魅力を教えてください。

まだまだ始まったばかりの会社なので、主体的な人ならやりたいことをどんどん任せてもらえることですね。私もこういう環境の方が成長できるタイプなので、合っていると思います。

ー どんな人と一緒に働きたいですか?

やりたいことや想いを持っている人と働けたら嬉しいです。
お仕事クエストの「仕事を”本気の遊び”に。」というビジョンに共感できる人が合うと思います。
想いを持って、自分から主体的に仕事を楽しんでやりたい人と是非一緒に働きたいです。

ー ありがとうございました。